インド株式集中投資ファンドが繰上償還へ

損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント株式会社が運用する「インド株式集中投資ファンド」が繰上償還予定である事が2018年4月に発表されました。

インド株式集中投資ファンドとは?

インド株式集中投資ファンドは、平成29年1月(2017年1月)に設定された投資信託で運用会社は損保ジャパン日本興亜アセットマネジメントです。

5月15日時点で純資産は3.11億円と資金が集まっていません。

コストは税込で
・購入時手数料:3.78%
・信託報酬:2.4704%〜2.6704%
・解約時信託財産留保額:0.3%
とされています。

アクティブ型となるインド投信の中でも信託報酬については特に高い水準です。(税込2.0%を切る水準のインド投資信託が数多くあります)

販売会社は、SMBC日興証券、SBI証券、おきぎん証券、カブドットコム証券、高木証券、マネックス証券、楽天証券です。

繰上償還の理由

インド株式集中投資ファンドの繰上償還理由(経緯)は少々複雑です。

当ファンドはファンド・オブ・ファンズ方式で運用されており、投資対象のファンドである外国投資信託「GAM スターファンド p.l.c – GAM スターインディアエクイティ」の運用方針が2018年6月から変更される事になりました。

この運用方針が変更されることと、受益権総口数が信託約款で定める繰上償還(信託契約の解約)可能な口数(10 億口)を下回る状態が継続していること等が総合的に判断され、繰上償還する事が適切であると判断されました。

ファンド・オブ・ファンズ方式で投資対象とされている外国投資信託の運用方針変更がどこまで重大な変更だったかは不明ですが、上述の通り主要ネット証券を中心に多くの証券会社で販売されている中で純資産が3億円程度であったため、これを機に不採算の投資信託がリストラされたものと予想されます。

#信託報酬は2.5%前後ですが、投資信託を運用する委託会社の取り分は0.40%(税抜)です。純資産が3億円の0.40%は120万円でしかなく、企業の採算ベースには遠い状態です。

詳しくは「インド株式集中投資ファンド繰上償還<予定>のお知らせ」(外部リンク・PDF)で公開されています。

繰上償還のスケジュール

インド株式集中投資ファンドの繰上償還スケジュールは以下の通りです。

・4月25日:受益者の確定
・5月24日:書面による議決権行使の期限
・5月25日:書面による議決の日
・6月8日:繰上償還予定日

繰上償還は議決によって決定される予定で、受益者の議決権の3分の2以上の賛成により可決可能となっています。

書面での意思表明がない場合、賛成として扱われることもあり、恐らく可決されるのではないかと予想されます。

最近ではi-mizuhoシリーズの投資信託が多数繰上償還されていますが、純資産10億超で一部で人気がありそうだった投資信託も可決されていました。

特に積立設定を行なっている場合等は、別の投資信託を設定し直す事を忘れないようにご注意ください。