インド初のREIT上場が申請されました

日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、2018年9月24日、インドで初となるREIT上場の申請が行われたようです。

上場先はボンベイ証券取引所とムンバイのナショナル証券取引所の2つの証券取引所が予定されています。

今後、当該REITを組み込んだ投資信託が日本でも販売されるかもしれません。

インド株式への投資だけでなく、インド不動産への投資の道が日本の個人投資家にも開かれる可能性があり注目です。

なお、国土交通省によるとインドの不動産について以下の記載があります。

「ただし、インドでの土地の取得には、かなりの困難性が伴う。土地所有権者が容易に特定できず、政府が所有しているはずの土地でも別の者が所有を主張する場合もあり、トラブル・訴訟になり失敗する事例、政治が介入する事例なども少なくない。また、土地利用と不動産権利に厳しい制限が設けられているため、用途変更規制により、自由に土地を使えないことがある。」

出典:海外建設・不動産市場データベース インド(外部リンク)

個人がインドの不動産投資に手を出せる環境ではないようです。

関連記事:
インド投資の3つの方法
インド投資情報の入手方法